シンポジウム

ごあいさつ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、来街者が減少するなど商店街は大きな影響を受けました。また、新しい生活様式の浸透により、消費者のニーズやライフスタイルも変わり、消費者の購買行動も変化しています。商店街を取り巻く環境が厳しくなる中、この逆境に打ち勝つため、各地域では新たな挑戦がはじまっています。
地域における課題の克服に向けたこのような新たな取組の紹介や、これまで商店街づくり・まちづくりで活躍されてきたトップランナーの議論を通じて、令和における新たな未来像を探っていきたいと思います。
商店街・まちづくりに関わるすべての人々にとって、貴重なヒントが得られる機会となりますので、ふるってご参加ください。

開催地

以下の全国3会場で、現地参加・オンライン(Microsoft Teams)の双方で開催します。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、オンラインのみに変更する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

第一回開催都市
第二回開催都市
第三回開催都市

プログラム


開催地域

テーマ:持続的なまちづくりにおける商店街の方向性
商店街が持続的なまちづくりを担っていく上では、社会的ニーズ・消費者ニーズの把握と対応、店舗・組織の存続に向けた担い手確保の仕組みづくり、課題解決の鍵を握る組織等との合意形成に向けた枠組みづくり、商店街事業の実施・継続のための資金調達・再投資などがポイントと考えられています。
第1回のシンポジウムでは、持続的なまちづくりに向けて、各地の商業者・商店街組織は上記のポイントについて、どのように考え、そして実践しているのか、各自のご経験やノウハウについて登壇者にお話しいただきます。

チラシダウンロード
日時 令和4年9月13日(火)14:00~16:30(13:30開場)
会場 <現地参加>
愛媛県県民文化会館 第8会議室
(愛媛県松山市道後町2丁目5番1号)
https://www.ecf.or.jp/e_kenbun/
<オンライン参加>
Microsoft Teams(後日、参加用のURLリンクをお知らせします)
定員 <現地参加>
50名 定員となりました
<オンライン参加>
定員なし
申込締切 令和4年9月12日(月)13:00
※現地参加は定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申し込みください。
主催 中小企業庁
プログラム及び登壇者 13:30〜 入場開始
14:00〜 開会・挨拶

14:10〜【第1部】事例発表

<セブン商店会(京都府長岡京市)>
林 定信(はやし さだのぶ) 氏
セブン商店会 アドバイザリーボード 座長
商店会存続の危機に際し、外部の意見を取り入れたオープンな場を新設。開かれた商店街の実践により、関係人口と加盟店の増加に繋げる。
林 定信
<熱海銀座商店街(静岡県熱海市)>
山本 早紀(やまもと さき) 氏
株式会社machimori 社会共創事業部 プロジェクトマネージャー
商店街と㈱machimoriが連携し、熱海マルシェや創業支援事業を通じて、新たなプレーヤーを発掘。多様な店舗が出店し、空き店舗の減少を実現。
山本 早紀
<金沢竪町商店街(石川県金沢市)>
西田 倫明(にしだ ともあき) 氏
竪町商店街振興組合 理事長
商店街の苦境を乗り切るべく、組合員による「街のリブランディング会議」を実施。人と人をつなぐ新たなコンセプトを確立し、賑わい創出を図る。
西田 倫明
(休憩)

15:20〜【第2部】パネルディスカッション

<ファシリテーター>
足立 基浩(あだち もとひろ) 氏 和歌山大学 副学長/経済学部 教授
1968年東京都生まれ。2001年ケンブリッジ大学大学院土地経済学研究科にて博士号(Ph D)を取得。2017年より和歌山大学副学長。専門分野はまちづくり、地方創生等。 2013年に内閣府「中心市街地活性化推進委員会」委員、2014年より国交省、京都大学との連携講座「官民連携まちづくり研究会」座長、2017年に国土交通省「まちづくり活動の担い手のあり方検討会」座長、2018年に経済産業省「人材育成委員会」委員、2018年から現在まで日本商工会議所「民間主導のまちづくりタスクフォース」座長などを歴任。
足立 基浩
梯 輝元(かけはし てるもと) 氏 魚町商店街振興組合 理事長
1959年北九州市小倉北区生まれ。中屋興産株式会社代表取締役、魚町サンロード商店街協同組合、福岡県商店街振興組合連合会理事長。 リノベーションスクール@北九州を主催し、魚町商店街においてリノベーションによる遊休不動産を20件超再生、新規起業者・雇用者を400名以上増加させた。 2018年にSDGs商店街を宣言し、ホームレス自立支援・障害者自立生活支援等により、魚町商店街として「第3回SDGsアワード」の内閣総理大臣賞を受賞。
梯 輝元
加戸 慎太郎(かど しんたろう) 氏 松山銀天街商店街振興組合 理事長
1982年松山市生まれ。全国商店街振興組合連合会副理事長。 ゴールドマン・サックスにてソリューション営業として活躍後、2009年に家業の株式会社とかげや代表取締役社長に就任。 2014年より松山銀天街商店街振興組合理事長、株式会社まちづくり松山代表取締役社長を務める。 地域決済サービス「まちペイ」、来街者捕捉カメラ、一括免税サービスを備えた観光カウンター設置、地域で運営するデータマーケティングシステムの構築等により、2021年にまちづくり松山として「第10回地域産業支援プログラム表彰」経済産業大臣賞を受賞。
加戸 慎太郎
島口 義弘(しまぐち よしひろ) 氏 札幌狸小路商店街振興組合 理事長
1963年札幌市生まれ。株式会社たぬきや代表取締役社長、札幌市商店街振興組合連合会理事長、札幌大通まちづくり株式会社代表取締役社長、北海道商店街振興組合連合会理事長、全国商店街振興組合連合会副理事長。
札幌狸小路商店街における「自主巡回活動組織」や「都心民間交番」の設置などの安全・安心を守る取り組みが評価され、2009年に商店街として「内閣総理大臣表彰」を受賞。近年は、商店街初の「道路協力団体」の認定を受け、各種イベントを実施している。
島口 義弘
16:30 閉会

参加申込は締め切らせていただきました

会場にてご参加される皆様におかれましては、マスクをご着用いただき、
大きな声での会話をお控えいただくなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力ください。

お問い合わせはこちらから

※お問い合わせは、運営事務局(ランドブレイン株式会社)より3営業日以内に回答いたします。